2015年6月15日月曜日

床柱の小箱



思い入れのあるご実家を解体されるというお客さまより、
「床柱のエンジュの木を何かに作りかえて手元におきたい」とのご依頼。

そしてヤマゲンの工場までやってきてくれました床柱さん

今回も、ホゾ穴などの加工跡に悩まされながら
小箱を3つ製作いたしました。

そして今はそれぞれ離れて暮らす3人のご家族の元へ
無事帰ってゆきました。

ていねいに作っていただいたのがわかります、と
ありがたいお言葉!